先頭へ戻る

ペンタブレット | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

コンピュータ入力装置の1つで、センサーを備えた板状の装置を、専用のペン(スタイラスペン)で触れることで入力を行います。

位置情報を入力できるポインティングデバイスの一種であり、たとえば、画面上のマウスカーソルを動かすことができます。

いったんペンを持ち上げて、離れた位置を指定しなおすことができるため、位置を直接的に指示できます。これは、本体を動かしてマウスカーソルを連れていく必要があるマウスによる移動操作とは大きく異なっている点です。ペンタブレットによる入力操作は、タッチパネルに対するタッチ入力と同じといえます。

クリックタップに相当する操作は、ペンで本体を叩くことで行います。2回叩けばダブルクリックダブルタップの意味になります。ペン先を押し付けたままスライドさせることで、ドラッグの操作になります。また、ペンにボタンが付いており、右クリックの代わりに使える場合があります。

また、製品によっては、ペンの傾きや筆圧を検知できるものもあります。

こういった特徴から、イラストや絵画を描くような細かい作業に向いており、デザイナーによく使われている入力装置です。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー