先頭へ戻る

プラットフォーム | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

ソフトウェアを動作させるための基盤となるハードウェアやソフトウェアのことです。

あるソフトウェアが Windows向けに開発されているとすれば、Windows は、そのソフトウェアを動作させるプラットフォームです。また、Windows 自身は、Intel 系の CPU実行するように開発されているので、Windows にとっては、Intel系CPU を搭載したコンピュータがプラットフォームであるといえます。

ソフトウェアは、想定されたプラットフォーム以外では動作しません。

複数のプラットフォームで動作させる必要があるのなら、それぞれに向けて別個に開発するか、プラットフォームの違いを吸収できるように開発する必要があります。あるいは、1度開発したソフトウェアを別のプラットフォームに移植する作業を行います。

複数のプラットフォームで動作するようにつくられているソフトウェアは、マルチプラットフォームであるといいます。たとえば、Java仮想マシンという仕組みを用いることによって、1つのプログラムが、複数のプラットフォーム上で動作するようになっています。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー