先頭へ戻る

バージョン管理システム | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

解説

バージョン管理をおこなうために作られた専用のソフトウェアです。

代表例として Git、Mercurial、Subversion といったものがあります。

ファイルの変更履歴を、リポジトリと呼ばれる一種のデータベースに保存します。どの作業者が更新したのか、いつ更新したのか、更新時に書き込むログメッセージといった情報も併せて記録され、これらの情報を時系列で確認できます。

これらの情報を使って、いつでもある時点(あるバージョン)を復元できます。また、任意の2つのバージョンの違い(差分)を調べるといった利用方法もあります(バージョンと表現しましたが、バージョン管理システムの種類によって、リビジョンなどと表現することもあります)。

リポジトリはネットワークによって接続された遠隔地のサーバに置くこともあるし、自分の PC 内に配置する場合もあります。複数の作業者で利用するのなら、前者のかたちになりますが、その場合でも各々の PC にリポジトリの複製をつくって運用する分散型バージョン管理と呼ばれるものもあります(Git など)。1つの共有リポジトリだけで運用する集中型バージョン管理もありますが、近年の傾向としては、分散型バージョン管理の方が主流になっています。

また、リポジトリをインターネット上に設置するホスティングサービス(GitHub など)も利用されるようになっています。特に、誰もが自由に内容を参照したり、自分の PC にダウンロードしたりできるように公開されたリポジトリは、オープンソースソフトウェアの開発に適しており、積極的に利用されています。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー