コンパイラオプション | Programming Place Plus 用語集

トップページ用語集

名称

解説

コンパイルを行うときに、その動作を細かく指示するためにコンパイラに与える各種設定(オプション)のことです。

設定できる項目はコンパイラによって異なりますが、最適化の指示や、どのようなことを警告エラーとして扱うかの指定、コンパイラが独自に実装している拡張機能の有効・無効の切り替えなど、非常に多くの指定が行えるようになっています。

コンパイラオプションは、コンパイラを実行するときに指定します。たとえば gcc でコンパイルを行うには、gcc main.c -o main.exe -O2 などという指定をしますが、ここで -o(とそれに続く main.exe)が出力されるファイル名を指定するコンパイラオプションであり、-O2 が最適化を指定するコンパイラオプションになっています。main.c は、どのソースファイルをコンパイルするかを指定する必須部分であり、コンパイラオプションではありません。

Visual Studio の場合は、Visual Studio上で事前に設定しておくことができ、コンパイルを行うときに自動的に適応されます。方法については、Visual Studio編の「コンパイラオプションを設定する」を参照してください。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー
先頭へ戻る