先頭へ戻る

コンパイル | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

プログラミング言語で記述されたプログラムを、機械語アセンブリ言語、あるいは中間言語へ変換することをいいます。

ほとんどの場合、高級言語で記述されたソースファイルをコンパイルして、オブジェクトファイルを得る処理ということになります。

コンパイルを行うソフトウェアコンパイラと呼びます。

コンパイルを行うかどうかは、プログラミング言語の種類にもよります。コンパイルを行うタイプの言語は、コンパイラ型言語と呼ばれます。ほかの方法を採用するものとしては、ソースファイルに書かれている内容を読み取りながら、適宜、機械語へ変換して実行するインタプリタ型言語があります。

C言語の場合

C言語では、まずソースファイルに対して、プリプロセス(前処理)が行われます。前処理済みの状態を、翻訳単位と呼びます。

最終的な実行可能ファイルを得るために、翻訳単位に対してコンパイルを行います。このとき、1つ1つの翻訳単位を別個にコンパイルし(分割コンパイル)、ソースファイルに対応したオブジェクトファイルを生成し、リンカによって1つに統合(リンク)する方法を採ることが多いです。

この説明はかなり簡略化しており、標準規格で定められた手順はもっと多くのステップを踏むことになっています。

多くの過程を踏まなければならないため、大抵の開発環境では操作を簡略化するため、これらの手順をまとめて、ビルドと呼び、1つのコマンドで実行可能ファイルの生成までを行えるようになっています。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー