先頭へ戻る

ネイティブコード | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

解説

コンピュータ(の CPU)が理解できる、機械語の形式で記述されたプログラムコードのことです。

機械語の命令の形式は CPU の種類によって異なります。一般に、同シリーズの製品なら同じような命令が使えますが、異なる製品では使えないため、ネイティブコードは特定の CPU に強く依存しています。

人間がネイティブコードを書くことは困難なので、自力で書こうとはせず、代わりにプログラミング言語高級言語)を使ってソースコードを記述します。ソースコードは、コンパイラインタプリタなどがネイティブコードに変換したり、いったん中間コードに変換してから、実行の際に仮想マシンによってネイティブコードに変換したりします。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー