先頭へ戻る

論理演算子 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

解説

演算子の一種で、論理演算を行うものです。

論理演算は、ブール値(論理値)を対象(オペランド)とする演算のことです。

論理演算には、論理積(AND)、論理和(OR)、排他的論理和(XOR)、論理否定(NOT) といったものがあります。

プログラミング言語の種類によって異なりますが、これらの論理演算に対応した演算子(論理演算子)が用意されています。

C言語における例が、C言語編第13章にあります。

また、ビットの集まりに含まれている各ビットを操作する、いわゆるビット演算は、ビットが 1 なら真(true)、0 なら偽(false) とみなした論理演算を行っていると考えられます。こちらにも専用の演算子が用意されていることがあります。

C言語における例が、C言語編第49章にあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー