先頭へ戻る

実行時エラー | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

プログラムの実行中に発生するエラーのことです。

ここでの「実行時」という言葉は、「実行を始めるとき」ではなく、「実行をしているとき」を表しています。

実行時エラーは、コンパイルリンクの段階で検出できなかったエラーです。たとえば、「ファイルアクセスに失敗した」「メモリの空きが不足している」といったものは実行時エラーですが、こういったものは、実行してからでないと分からないことであって、コンパイルやリンクの時点では検出できません。

「ファイルが読み取れたかどうかを if文で判定して、処理を分岐させる」といった備えをすることはできますし、プログラミング言語によっては、例外の仕組みによって検出される場合もあります。実行時にこういった機能がうまく働いた場合は、異常時のコードに正常に遷移しているので、実行時エラーは未然に防がれたことになります。実行時エラーになったのであれば通常、プログラムは強制終了異常終了)してしまいます。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー