先頭へ戻る

ソフトウェアキーボード | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

キーボードを画面に表示し、マウスタッチパネルといったポインティングデバイスによって入力するようにしたものです。

ソフトウェアとして実装されるものなので、キーの並びに自由が効きますし、デザインも自由にできる余地があります。設定を別のデバイスで引き継いで使うといった用途もあります。

スマートフォンやゲーム機のように、物理的なキーボードを備えることが難しい場合に使われている方式です。

また、インターネットバンキングなどでは、物理的なキーの入力情報を監視・記録するキーロガーのようなスパイウェアへの対策のために、ソフトウェアキーボードが利用されることがあります。しかし、スクリーンショットを使った手法(スクリーンスクレーパー)や、入力している様子を直接覗き見る行為(ショルダーハッキング)などには無力であって、セキュリティ対策として完全なものとはいえません。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー