先頭へ戻る

バッチ処理 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

複数のプログラムを順番に実行して完遂する作業があるとき、あらかじめその実行手順を定めておいて、任意のタイミングでまとめて実行するという処理方式のことです。

実行手順はあらかじめ、バッチファイルWindows)やシェルスクリプトUNIX系)などを使って記述しておきます。Excel などにあるマクロの機能も、バッチ処理の1つのかたちです。

実行手順を記述しておけば、いつでも誰でも、確実に同じ処理を実行できる利点があります。また、その実行自体、手動でおこなう必要はなく、ジョブスケジューラを用いれば、指定しておいた時刻になったら実行させることができます。そうすることで、人間の手を必要としなくなり、夜間や休日などに空いているリソースを活用するといった作業効率の向上につながります。

反面、実行のたびに人間がパラメータ入力を行わなければならないような作業には向きません。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー