先頭へ戻る

標準ストリーム | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

あらかじめ OS(オペレーティングシステム)によって、プログラムから使用可能な状態に準備されているストリームのことです。

UNIX系の OS には、標準入力標準出力標準エラーという3種類の標準ストリームがあり、多くの環境でこれに倣っています。また、プログラミング言語のレベルでも、この分類に従うものが多いです(C言語に stdin、stdout、stderr があるように)。

C言語の stdinstdoutstderr については、C言語編を参照してください(それぞれのリンクから移動できます)。

標準ストリームの接続先としては、標準入力はキーボード、標準出力と標準エラーはディスプレイ(画面)となっている場合が多いです。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー