先頭へ戻る

キャッシュミス | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

メインメモリにある、アクセスしたいデータが、キャッシュメモリに存在しておらず、メインメモリから転送が行われることです。

CPU の速度に比べると、メインメモリにアクセスする速度は非常に遅いため、メインメモリへのアクセスがボトルネックとなって、全体の性能を落とす結果になります。

そこで、CPU とメインメモリのあいだにキャッシュメモリという高速(ただし低容量で高価)な記憶装置を設け、両者の速度差を埋め、全体の効率を向上します。

メインメモリのデータにアクセスしたいとき、そのデータがキャッシュメモリ内に存在していれば、キャッシュメモリのデータを使います。この状況はキャッシュヒットといいます。

一方、キャッシュメモリ内に存在しなければ、メインメモリへアクセスします。この状況がキャッシュミスです。この場合は、メインメモリの対象データ(とその周辺も巻き込む)をキャッシュメモリへコピーし、次回以降のアクセスではキャッシュメモリ内のデータを使えるようにします。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー