先頭へ戻る

コンパイラ型言語 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

ソースコードコンパイラによって変換(コンパイル)し、実行可能にするタイプのプログラミング言語のことです。

コンピュータが直接理解、実行できるのは機械語に限られるため、プログラマーが記述したソースコードは、まず機械語へ変換しなければなりません。その変換方法として、コンパイラ型言語では、コンパイラによるコンパイルを用います(多くの場合、さらにリンカによるリンクを行って、実行可能ファイルを作ります)。

ほかの方法として、プログラムの実行開始後、実行しながら機械語へ変換するものがあり、このタイプのプログラミング言語は、インタプリタ型言語と呼ばれます。

コンパイラ型言語は、インタプリタ型言語と比べると、実行中に行う(機械語に変換する)処理がないため、実行速度や消費メモリの面で優れています。

また、コンパイラ型言語でつくられた実行可能ファイルは、(DLLなどの必要な付属物がきちんと存在していれば)そのまま実行できるため、ソースコードを公開しなくていいという特徴があります。

コンパイラ型言語にはC言語C++ などがあります。

なお、コンパイラ型言語とインタプリタ型言語の両方の特徴をもつプログラミング言語や、一方がメインではあるが、他方の方式で実装した処理系も存在するプログラミング言語もあります。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー