先頭へ戻る

実行可能ファイル | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

コンピュータが、プログラムとして解釈し、実行できるファイルのことです。

形式としては主に2通りあります。

1つは、機械語によって記述されたものです。コンピュータは、機械語で記述されたプログラムでなければ、直接的に解釈・実行できませんから、この形式のほうが一般的なものといえます。この形式では、異なる命令セットをもった別の CPU では実行できず、特定の CPU に依存しています。

もう1つは、プログラマーが用いるプログラミング言語と、機械語の中間的な表現で記述されたものです。このような表現は中間コードと呼ばれます。中間コードで記述された実行可能ファイルを実行するには、仮想マシンの助けを借りる必要があり、仮想マシンがインストールされていないコンピュータでは、実行に失敗してしまいます。一方で、仮想マシンが対応していれば、異なる CPU 上でも実行できる利点があります。

C言語C++ は前者の形式を、Java.NET系の言語では後者の形式を採ります。

実行可能ファイルを作成するにはまず、ソースコードコンパイルアセンブルして、機械語で表現されたオブジェクトファイルを作成します。そして、リンカを使って、複数のオブジェクトファイルやライブラリなどをリンク(結合)して完成します。

Windows では、拡張子が .exe のファイルが代表的ですが、これ以外にも多数存在します。

また、インタプリタ型言語では、ここまでの説明とは異なり、ソースファイルの形式のまま実行を開始できます。この形式では、インタプリタの助けを借りて、ソースファイルを機械語へ変換しながら実行を行います。ファイルの見た目としては、プログラマーが記述したソースファイルのままであるため、このタイプのファイルを実行可能ファイルと呼ぶかどうかは微妙なところです。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー