先頭へ戻る

メモリリーク | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

解説

プログラム実行中に動的確保したメモリ領域の解放を忘れ、いつまでも領域を占有し続けてしまうバグのことです。

動的なメモリ割り当て(ダイナミックメモリアロケーション)では、メモリ領域の確保と解放をそれぞれ明示的に行う必要があるため、解放の操作を忘れたり、ミスによって解放できていなかったりする可能性があります。解放を行って未使用の状態に戻さないと、ほかの用途で利用できないため、メモリ不足になる恐れがあり、プログラムの実行を継続できなくなるかもしれません。

プログラミング言語処理系によっては、メモリリークを検出したり、防止したりするための仕組みが備わっている場合もあります(ガーベジコレクションスマートポインタ例外など)。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー