先頭へ戻る

静的リンク | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

解説

プログラム実行に必要なライブラリリンクする方式の1つで、実行可能ファイルの中にコードを含める方法のことです。

静的リンクでリンクするように設計されたライブラリを、静的リンクライブラリと呼びます。

静的リンク以外の方式として、動的リンクがあります。動的リンクは、ライブラリを実行可能ファイルから分離しておき、実行時にリンクを行う方法です。

静的リンクでは、実行に必要なすべてのコードが実行可能ファイルの中に入った状態になるので、単体で実行できます。また、すでにリンク済みであるため、動的リンクと違って実行時に行う追加の処理がありません。一方で、ライブラリのコードも上乗せされるため、実行可能ファイルのサイズが大きくなります。また、同じライブラリを使うプログラムが複数あるとき、それぞれに同じコードを含める無駄があります。

静的リンクでは、ライブラリ側に更新があって、その内容を反映したいときには、プログラム全体をビルドしなおして、実行可能ファイルを作り直さなければなりません。動的リンクの場合は、実行可能ファイルを作り直す必要がありませんが、逆にいえば、勝手に更新が反映されることになるため、プログラムの動作が変わり、それが不具合につながる可能性があります(DLL地獄)。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー