先頭へ戻る

インターフェース | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

2つのものの境界部分のことです。また、その部分で取り決められた約束事(プロトコル)のことです。

ここで、「もの」が具体的に何であるかによって、大体3つに大別されます。

1つは、「もの」が現実に存在する物体(ハードウェア)であるケースです。この場合は、ハードウェアインターフェースと呼ばれます。たとえば、2つのハードウェアのあいだでデータを転送するとき、互いをつなげるケーブルのコネクタ形状であるとか、データのフォーマット、タイミングの制御方法といった約束事がこれにあたります。

2つ目に、「もの」がプログラムソフトウェア)であるケースです。この場合は、ソフトウェアインターフェースと呼ばれます。たとえば、プログラムからプログラムへデータを送信するときに取り決める、データのフォーマット、タイミングの制御方法といった約束事がこれにあたります。API(Application Programming Interface)は、ソフトウェアインターフェースの一種です。

3つ目に、「もの」がコンピュータと人間であるケースです。この場合は、ユーザーインタフェース(UI)と呼ばれます。たとえば、コンピュータが人間に情報をどのような方法で伝えるのか、あるいは人間の側が、コンピュータに指示をどのような方法で与えるのかといったものです。ユーザーインターフェースの分類として、文字ベースでやり取りする CUI(Character User Interface)と、画像ベースでやり取りする GUI(Graphical User Interface)があります。

オブジェクト指向プログラミングのインターフェース

オブジェクト指向プログラミングに、インターフェースという概念があります。

種類が異なる複数のオブジェクトを、多態性によって、統一的に扱えるようにする仕組みです。それぞれのオブジェクトに共通する概念をインターフェースとして定義することによって、そのインターフェースで定められた仕様に従った操作を行えます。

C++ の場合、言語的にはインターフェースの機能を持っていません。代わりの手段として、クラス純粋仮想関数を用いて、抽象クラスの特殊ケースとして実現します(C++編【言語解説】第29章)。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー