先頭へ戻る

インターフェース | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

このページでは、全般的な意味での「インターフェース」を取り上げています。オブジェクト指向における「インターフェース」はこちらのページを参照してください。そのほか「ユーザーインターフェース」「API」などがあります。

解説

2つのものの境界部分のことです。また、その部分で取り決められた約束事のことです。

ここで、「もの」が具体的に何であるかによって、大体3つに大別されます。

1つは、「もの」が現実に存在する物体(ハードウェア)であるケースです。この場合は、ハードウェアインターフェースと呼ばれます。たとえば、2つのハードウェアのあいだでデータを転送するときに互いをつなげるケーブルのコネクタ形状、データのフォーマット、タイミングの制御方法といった約束事がこれにあたります。

2つ目に、「もの」がプログラムソフトウェア)であるケースです。この場合は、ソフトウェアインターフェースと呼ばれます。たとえば、プログラムからプログラムへデータを送信するときに取り決める、データのフォーマット、タイミングの制御方法といった約束事がこれにあたります。API(Application Programming Interface)は、ソフトウェアインターフェースの一種です。

3つ目に、「もの」がコンピュータと人間であるケースです。この場合は、ユーザーインターフェース(UI)と呼ばれます。たとえば、コンピュータが人間に情報をどのような方法で伝えるのか、あるいは人間の側が、コンピュータに指示をどのような方法で与えるのかといったものです。ユーザーインターフェースの分類として、文字ベースでやり取りする CUI(Character User Interface)と、画像ベースでやり取りする GUI(Graphical User Interface)があります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー