先頭へ戻る

可逆圧縮 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

データ圧縮する方式のうち、圧縮後のデータを、圧縮前のデータに完全なかたちで復元できるものをいいます。

可逆圧縮は、プログラムテキストデータなど、わずかでも元のデータと違ってしまってはいけない場合に使われます。

可逆圧縮に対して、圧縮前の状態を完全には取り戻せない圧縮方式を、非可逆圧縮といいます。完全には元に戻せない代わりに、可逆圧縮よりも圧縮率を大きくできることが多いです。

画像・音声・動画といったデータの場合、元の状態に完全には戻せなくても、人間がその違いを認識できない程度であれば許容できるため、非可逆圧縮を用いることも多いですが、必要であれば可逆圧縮を用いることもあります。可逆圧縮の例としては、PNG(画像)、FLAC(音声)、Huffyuv(動画)などがあります。

また、zip や LZH のようなアーカイブでは、どんな種類のファイルが含まれていても良いように、可逆圧縮を用います。


可逆圧縮を実現するためのアルゴリズムとして、ランレングス、ハフマン符号、LZW などがあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー