先頭へ戻る

ブレークポイント | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

デバッグのために、プログラム実行を意図的に一時停止させる箇所のことです。

命令に対して設定するブレークポイント(命令ブレークポイント)が一般的で、その命令が実行される直前で一時停止させます。そのほかに、メモリアドレスに対して設定し、そのメモリ領域の読み書きを検知して一時停止させるデータブレークポイント(ウォッチポイント)もあります。

また、ブレークポイントは CPUハードウェア的にサポートしているもの(ハードウェアブレークポイント)と、ソフトウェア側で実現するもの(ソフトウェアブレークポイント)があります。基本的な機能は同じですが、それぞれの事情から、一部の機能が実現できなかったり、極端な速度低下を招いたりする場合があります。

ブレークポイントの設定はデバッガを使って行えます。ブレークポイントによって、実行が一時停止したあとは、デバッガ上で、変数やメモリ、レジスタの内容、コールスタックログなどを調べて、その時点までのプログラムの実行状況が正常であるかどうかを調査します。もちろん、一時停止を解除して、続きの実行に移ることもできます。

Visual Studio でブレークポイントを設定する方法を、「資料集 - Visual Studio - ブレークポイント」で取り上げています。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー