先頭へ戻る

デバッガ | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

このページでは、デバッグ作業を支援するソフトウェアとしての「デバッガ」を取り上げます。

解説

デバッグ作業を支援するソフトウェアのことです。

デバッグする対象のプログラム実行に介入することができ、ソースコード上の任意の位置や条件の下で実行を一時停止させ(ブレークポイント)、1ステップずつコマ送りのように実行を進めていったり(ステップ実行)、変数メモリの内容を確認・編集したり(ウォッチ)、関数がどのような経路で呼び出されてきたかを確認(呼び出し履歴、スタックトレース)したりできます。

あくまで、人間(プログラマー)が行うデバッグ作業を助けることが目的であり、自動的にバグを発見・修正するようなものではありません。

デバッガは、単体のソフトウェアとして販売・提供されているものもありますし、IDE(統合開発環境)や SDKコンパイラインタプリタなどに付属・内蔵されている場合もあります。単独の名称をもって認知されている代表的なデバッガに、gdb(GNUデバッガ)、adb(Android Debug Bridge)などがあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー