先頭へ戻る

コーディング規約 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

解説

プログラミングにおいて、ソースコードの書き方・スタイルに関するルールのことです。

プログラミング言語の文法にはそれなりの自由度があるため、複数人のプログラマーがこれといったルールもないまま、1つのソフトウェアの開発を行うと、さまざまなコーディングのスタイルが入り乱れる可能性があり、可読性保守性を悪くするおそれがあります。そこで、ある程度明確なルールを定めておき、全員がそれに従うようにします。より強い強制力を発揮するために、ツールを使ってチェックする場合もあります。

コーディング規約として定める内容としては、変数関数クラスなどの名前の付け方(命名規則)や、インデントスペースの空け方、使用を禁止する機能(正しく使うことが難しい機能や、乱用が好ましくない機能など)といったものがあります。

コーディング規約は、基本的にその開発プロジェクトのチームが決めることですが、プログラミング言語やフレームワークなどが標準を定めている場合もあります。また、なんらかの組織が定めているものを採用する場合もあります。

ドキュメントとして公開されているコーディング規約の例として、「CERT C コーディングスタンダード1」や「C++ Core Guidelines2」、「Google C++ Style Guide3」などがあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー