先頭へ戻る

インデント | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

文章の行頭部分にいくらかのスペースを空けることによって、先頭の文字を右側へ押しやることです。また、そのために使うスペース自体のことや、テキストエディタなどがもつこうした機能のことを指す場合もあります。

インデントに用いるスペースは、(複数個の)空白文字か、(1個の)タブ文字です。インデントを入れ子にする場合には、さらに同じ個数の空白文字かタブ文字を重ねます。

多くのテキストエディタやワープロソフトでは、キーボードTabキーを使うことでインデントを行えるようになっています。このとき挿入されているスペースは、設定次第で、複数個の空白文字であったり、1つのタブ文字であったりします。

また、改行を行ったときに、改行先の行でインデントを自動的におこなう機能をもっていることがあり、これをオートインデントと呼びます。


プログラミングにおいては、ソースコードを記述する際に、プログラムの構造をわかりやすくするためにインデントを行います。Python のように、インデントを文法のルールとして取り決めている例もあります。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー