先頭へ戻る

ローカル変数 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

関数サブルーチンメソッドブロックなどの内側で宣言され、それぞれの範囲内でだけ使用できる変数のことです。

詳細はプログラミング言語によって異なりますが、を読み書きできるコード上の範囲を限定的にした変数ということで共通しています。

また、プログラミング言語によって呼び名が異なることがあります。たとえば、C言語の標準規格にはローカル変数という名前は登場せず、自動変数、あるいは「自動記憶域期間をもつオブジェクト」と表現されます(ただし後者の場合は、変数でないものを含む可能性がある)。しかし、C言語においても、解説記事や会話の中では、ローカル変数という呼び名は広く定着しています。

値を読み書きできるコード上の範囲が限定されていることと、その変数の値がメモリ上に存在している期間とは別の話です。通常のローカル変数では、実行している箇所が、ローカル変数の値を読み書きできる範囲を抜けると、そのローカル変数は存在しなくなったように扱われ、メモリ上にあった値は使用できなくなります。

しかし、たとえばC言語では、ローカル変数を宣言するときに static指定子を付加すると、値を読み書きできるコードの範囲は変わりませんが、メモリ上に置かれた値は、プログラムが実行されているあいだ維持されるようになります(C言語編第24章)。


なお、ローカル(局所的)であることに対比して、グローバル(大域的)な変数があり、こちらはグローバル変数と呼ばれます。グローバル変数は、ブロックに制限されることなく、プログラム全体で使用できる変数です。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー