先頭へ戻る

実行時アサート | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称

解説

プログラミングにおけるアサートのうち、プログラム実行時に判定を行うものをいいます。

実行時アサートの箇所が実行されるときに条件が判定され、条件が満たされているときは何も起こりませんが、満たされていないときには、メッセージを出力するなどしたうえで、プログラムの実行を中断させます。その場で中断させるのは、問題を特定しやすくするためです(デバッガを使って、変数メモリの内容、コールスタックの状況などを確認できる)。

実行時アサートの機能は、プログラミング言語が仕様として用意していたり、ライブラリフレームワークの形で用意されていたりします。

実行時アサートは基本的に、プログラムの開発中に使う機能です。デバッグを終えるまでのあいだに、前提条件を満たしていない箇所は解決されていることを前提に、リリースするプログラムでは無効化することが多いです。

なお、実行時アサートに対して、コンパイル時に判定を行うアサートを、コンパイル時アサート(静的アサート)などと呼びます。

C言語、C++ の場合

C言語や C++ の標準ライブラリには、実行時アサートとして、assert という名前のマクロが定義されています(C言語編第30章)。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー