先頭へ戻る

コマンド | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

コンピュータへの指示のことです。

人間からコンピュータへ、ジョブ(仕事)を依頼するために行う指示のことを指す場合が多いですが、あるソフトウェアからほかのソフトウェアに対してコマンドを送るといったように、人間が直接的に行わない指示もありえます。

多くの場合、コマンドは数文字の文字列で表され、必要に応じて追加の情報をあらわす引数(パラメータ)を付け加えます。当然ながら、コマンドの仕様には定めがあるので、それに沿った正しい名前、正しい引数を与える必要があります。

OS は、こういったコマンドの入力を受け付けるインターフェースを備えていることが多く、コマンドラインインターフェース(CLI)と呼ばれます。Windows においては、コマンドプロンプトがこれにあたります。また、コマンドラインインターフェースを提供するソフトウェアをシェルと呼びます。

OS のユーザーは、コマンドラインインターフェースを通してコマンドを入力することで、OS のカーネルが持つ機能を使用できます。カーネルは「核」のことで、シェルはその外側を覆う「殻」のことです。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー