先頭へ戻る

ロード | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ用語集

先頭へ戻る

名称

解説

どこかに記憶されているプログラムデータなどを、別のどこかへ読み込むことです。

よくあるのは、ストレージ(外部記憶装置)に保存されているプログラムやデータを、メインメモリ(主記憶装置)へ読み込むことです。アプリケーションソフトウェアで作成したファイルを再編集するためにメインメモリに読み込んだり、プログラムを実行するためにメインメモリに読み込んだりすることが該当します。また、通信の用語としてよく登場する、ダウンロードアップロードも、ネットワークを使ってロードをしているといえます。

ロードを行うためのプログラムを、ローダ(〇〇ローダのような言い方をすることが多い)と呼びます。

ロードした内容を破棄することをアンロードといいます。

ロードの反対、特にメインメモリにあるデータをストレージに保存することを、セーブと呼びます。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー