先頭へ戻る

統合開発環境 | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

開発に必要なソフトウェア一式をひとまとめにしたソフトウェア(のパッケージ)です。

開発に必要なソフトウェアとは、テキストエディタコードエディタ)、コンパイラリンカデバッガといったものです。テストバージョン管理に関する機能まで含むものもあります。

こういったソフトウェアは別個に準備することもできますし、そうせざるを得ない場合もありますが、統合開発環境を用いると、一度に開発環境を整えられます。

統合開発環境を使うと、ひとつの画面内で各ソフトウェアを操作できます。画面上のテキストエディタでソースコードを記述し、1つのコマンドでコンパイラやリンカの機能を呼び出し実行し、デバッガを起動させることもできるといった具合です。

各ソフトウエアの使い方を個別に習得しなくても、統合開発環境の操作方法だけ覚えれば扱えるため、開発者への負担を減らす効果があります。

代表的な統合開発環境には、Visual StudioXcode などがあります。


参考リンク


更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー