先頭へ戻る

スタックトレース | Programming Place Plus 用語集

Programming Place Plus トップページ -- 用語集

先頭へ戻る

名称


解説

プログラム実行中のある時点での、コールスタックの内容を表示したり書き出したりすること、あるいはそういった情報のことです。

コールスタックには、サブルーチン関数メソッドなど)を呼び出すたび、戻り先のメモリアドレス(リターンアドレス)、戻り値引数ローカル変数のためのメモリ領域といった情報(スタックフレーム)が格納されます。サブルーチンから抜け出すときには、この情報を取り除きます。

スタックトレースはデバッグに役立つものであり、デバッガ、あるいは IDE に必要な機能が含まれていることが多いです。プログラムが異常終了したときや、任意のタイミングでスタックトレースの内容を確認することによって、最後に実行していたサブルーチンがどれで、そこに至るまでの呼び出し経路がどうであったかといった情報が得られます。

Visual Studio でスタックトレースを行う方法を、「資料集 - Visual Studio - 関数の呼び出し履歴」で取り上げています。


参考リンク

更新履歴


用語集のトップページへ

Programming Place Plus のトップページへ



はてなブックマーク に保存 Pocket に保存 Facebook でシェア
Twitter でツイート Twitter をフォロー LINE で送る
rss1.0 取得ボタン RSS 管理者情報 プライバシーポリシー